FC2ブログ

hair salon LIVES BLOG

LIVESは、少し風変わりな異端派美容室とし常に進化するヘアサロンでありたいという想いで刺激的で楽しく何度も訪れたくなる空間を演出しています。

シャネル

皆様、こんにちは

LIVESのマッキーです


今日はマジメな話をします



私は今、スタイリストとして、もっとクリエイションを強くするために

デザインの勉強をしています


そして、今回のテーマは『CHANEL』、、、、


もちろん、テーマを出したのはウチのBOSS


そのテーマをもとにデザインを考え、最終的にヘアーまで落とし込むのです



私はシャネルについて、イロイロ調べました


今までシャネルの歴史なんて調べようとも思わなかったのですが

調べてみると面白いモノです



シャネルができたのは、1883年 フランス中南部オーベルニュ地方に生まれたガブリエル • シャネル(ココ•シャネル)が初めて出した店となる帽子店『シャネル•モード』を1910年にパリ•カンボン道りでスタートしたのが始まりである

その後、1916年に南西部アキテーヌ地方に『メゾン•ド•クチュール』を出店

1921年にはブティックをさらに拡張し、最初の香水となる『シャネルNo5』を発表


シンプルでシックな“シャネル調”といわれる作風に脂が乗り始め
1926年から様々なコレクションを展開し、シャネルの黄金時代を築きあげた




そんなカリスマ的存在となったシャネル(以下 ココ)にはこんな過去があった


ココはフランスの田舎にある孤児院に姉と一緒に入れられ育った

大きくなったココはナイトクラブで歌手をしながら昼間は、つつましいお針子として

田舎の仕立て屋の奥でスカートの裾を縫う日々を送っていた


そんな現実的な毎日を送っていた彼女の世界を一変させたのが

最初の恋人となる資産家の御曹司エティエンヌ•バルサンとの生活


そこに現れるゴージャスなドレスを身にまとった上流社会の人々をココは冷めた目で観察する

確かに美しいが何かが違う、、、、

家も人も過剰なまでに装飾された世界で、彼女は自分の中にある“シンプルな美しさ”への欲求を見いだしていく


『どうして女は、窮屈な服装に耐えなければならないの?』


ドレスのコルセットを外し、スポーティでシンプルなデザインのシャネル•スーツを生み出す



『かけがえのない人間になるためには、他人と違う事をしなくてはいけない』というココが

残した言葉どうり他人と違う服を着て自分らしさを作り上げる



彼女のポリシーは「古い価値観にとらわれない女性像」


そんなココは当時社会進出を始めた女性達や女優などのセレブリティたちを

魅了し、カリスマ的存在へとなった




ざっ、、、と自分なりに簡単にまとめてみました、、、

自分の意志をハッキリと持ち、着実に夢に近づいていく彼女の生き方はとても憧れます


シャネルの歴史に少し触れてみて、奥の深さを知りました











./
  1. 2011/03/14(月) 14:38:54|
  2. 西澤
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤いアバンギャルドなソファ | ホーム | 疑惑つきのアート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lives99.blog46.fc2.com/tb.php/91-88303851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hair salon LIVES

Author:hair salon LIVES
→LIVES オフィシャルホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (201)
マネージャー (3)
浜田 (0)
片桐 (52)
西澤 (40)
鈴木 (49)
上田 (55)
LIVES (3)
西山 (30)
安澤 (19)
小島 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード