FC2ブログ

hair salon LIVES BLOG

LIVESは、少し風変わりな異端派美容室とし常に進化するヘアサロンでありたいという想いで刺激的で楽しく何度も訪れたくなる空間を演出しています。

藤森建築

岐阜県の多治見市にある
モザイクタイルミュージアムに行きました。
大好きな藤森建築のミュージアム


モザイクタイルミュージアムとは
IMG_2089_convert_20170111123202.jpg
IMG_2090_convert_20170111123237.jpg
IMG_2091_convert_20170111123307.jpg
IMG_2116_convert_20170111123923.jpg

タイルの昨日、今日、明日がここに。

施釉磁器モザイクタイル発祥の地にして、全国一の生産量を誇る多治見市笠原町に誕生したモザイクタイルミュージアムは、タイルについての情報が何でも揃い、新たな可能性を生み出すミュージアムです。設計は、独創的な建築で世界的な評価の高い建築家、藤森照信氏。タイルの原料を掘り出す「粘土山」を思わせる外観は、地場産業のシンボルとして、なつかしいのに新鮮な、不思議な印象を与えます。タイルは、単調な壁や床を彩り、楽しい景色を創り出すことで、ひとやまちを元気にします。その魅力を知っていただくために、膨大なタイルのコレクションを基盤に、この地域で培われてきたタイルの情報や知識、技術を発信。さらに、訪れた方々がタイルの楽しさに触れ、タイルを介して交流して、モザイクタイルのように大きな新しい絵を描いていける、そんなミュージアムを目指します。

すり鉢状の緑の斜面に立ち上がる土の壁。
見たことがないのになつかしい、藤森建築のミュージアム。

すり鉢状に傾斜した地面と、そこに立つ土の壁。タイルの原料を掘り出す採土場をモチーフにモザイクタイルミュージアムを設計した藤森氏は、「建築物を構成する素材の中で最も根源的なものは何か」という問いに、「土」と答えています(★)。タイルもまた、土を焼成して作る建材のひとつ。土という原点を形にすることで、そこから生まれ、人の暮らしを彩ってきたタイルの変幻自在な魅力と、これからの豊かな可能性を示唆します。
(★ 藤森照信 ちくまプリマー新書166『フジモリ式建築入門』筑摩書房、2011年)
藤森照信 ふじもりてるのぶ(建築史家、建築家)
1946年長野県生まれ。東京大学大学院博士過程修了。専攻は近代建築、都市計画史。東京大学名誉教授。全国各地で近代建築の調査、研究にあたっている。86年、赤瀬川原平や南伸坊らと「路上観察学会」を発足。91年《神長官守矢史料館》で建築家としてデビュー。 97年には《赤瀬川原平邸(ニラ・ハウス)》で日本芸術大賞、2001年《熊本県立農業大学校学生寮》で日本建築学会賞を受賞。著書に『日本の近代建築』(岩波新書)、『建築探偵の冒險・東京編』(ちくま文庫)、『人類と建築の歴史』(ちくまプリマ―新書)、『藤森照信建築』(TOTO出版)などがある。
<略歴>
1971年 東北大学工学部建築学科卒
1978年 東京大学大学院工学系研究科建築学先行博士課程修了
1980年 東京大学にて工学博士の学位を取得
1985年 東京大学生産技術研究所助教授
1996年 東京大学国際・産学共同センター教授
1998~2010年 東京大学生産技術研究所教授
2010~2013年 工学院大学建築学部教授
2010~ 東京大学名誉教授
<主な建築作品>
神長官守矢史料館(長野県茅野市 1991年)、タンポポハウス(東京都国分寺市 1995年)ニラハウス(東京都町田市 1997年)、秋野不矩美術館(静岡県浜松市 1998年)、ねむの木こども美術館(静岡県掛川市 2007年)、草屋根(滋賀県近江八幡市 2015年)
フジモリテルノブ氏
IMG_2092_convert_20170111123338.jpg
IMG_2093_convert_20170111123401.jpg
IMG_2094_convert_20170111123455.jpg
IMG_2097_convert_20170111123632.jpg
IMG_2101_convert_20170111123657.jpg
IMG_2102_convert_20170111123721.jpg
IMG_2103_convert_20170111123746.jpg
IMG_2111_convert_20170111123830.jpg
IMG_2112_convert_20170111123854.jpg

滋賀県の方ならご存知かと思いますが
たねやさんのラコリーナと建築家が同じです。
独特の藤森ワールドです。
滋賀県からだと車で1時間半ぐらいで行けますので是非!!
次回はスタッフ全員でワークショップをやりにいきたいです。
  1. 2017/01/11(水) 13:18:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<正月 | ホーム | いやはや、お寒うございます。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lives99.blog46.fc2.com/tb.php/438-b6992bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hair salon LIVES

Author:hair salon LIVES
→LIVES オフィシャルホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (192)
マネージャー (3)
浜田 (0)
片桐 (48)
西澤 (40)
鈴木 (49)
上田 (53)
LIVES (3)
西山 (25)
安澤 (16)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード