FC2ブログ

hair salon LIVES BLOG

LIVESは、少し風変わりな異端派美容室とし常に進化するヘアサロンでありたいという想いで刺激的で楽しく何度も訪れたくなる空間を演出しています。

芸術の秋

どーも片桐 大輔です!

皆様いつも大変お世話になっております!

秋といえば

しみじみ~飲めば~

これが分かるあなた!

そう!そこのあなた!

分かって頂き嬉しいです!

冗談はさておき秋といえば

芸術の秋ですね

美術館も熱い展示が盛り沢山です!

今回は滋賀県から行ける範囲でオススメの

美術館をご紹介したいと思います

京都 山崎

「大山崎山荘美術館」



美術館本館は、加賀正太郎が別荘として設計し、「大山崎山荘」と名づけました。

大正時代に木造で建てられたのち、昭和初期に大幅に増築されます。

加賀は、若き日に欧州へ遊学し、
イギリスのウィンザー城を訪れた際に眺めたテムズ川の流れの記憶をもとに、
木津、宇治、桂の三川が合流する大山崎に土地を求め、
1912年から山荘建設に着手しました。

第一期工事は1917年頃に完成します。

当時の山荘は、現在の本館玄関ホール部分にあたり、イギリスで実見した炭鉱夫の家に想を得たといいます。

1922年に加賀は早くも山荘の改造に着手し、現在の本館は、1932年頃に完成したと思われます。

上棟部は、イギリスのチューダー・ゴシック様式に特徴的な木骨を見せるハーフティンバー方式をとり入れ、
鉄筋コンクリート造、屋根部分には鉄骨が組まれています。

現在喫茶室として使用している本館2階のテラスからは、当時そのままに三川が流れる壮大な風景を眼下にすることができます。


地中館「地中の宝石箱」 安藤忠雄設計

かつての大山崎山荘を美術館として再生するにあたり、建築家・安藤忠雄設計による新棟、地中館が増設されました。
地中館は、安藤により「地中の宝石箱」と名づけられました。

地中館は、周囲の景観との調和をはかるため半地下構造で設計され、円柱形の展示空間上部には植栽がほどこされています。

地中館と本館は、通路で結ばれています。

通路はコンクリート打放しでつくられ、本館を出て両側を高い壁に囲まれた階段を下りると、地中の展示空間にたどり着きます。

階段通路の上部四方と正面にガラスを使用しているため、周囲の木々の緑が美しく目に入ります。展示室では、印象派の巨匠クロード・モネの《睡蓮》連作を常設展示しています。

中にはカフェもありテラスでリーガロイヤルホテルのケーキとコーヒーで寛ぐのがオススメです!

金沢

「21世紀美術館」


unnamed.jpg

各展示室は現代美術の展示に適した白い壁面の空間(ホワイトキューブ)であり、
個々の展示室はそれぞれ独立した立方体として円形の館内に配置されている。

このため一応展覧会ごとに順路は決められているものの、鑑賞者はどれでも好きな展示室からランダムに見ていくことが可能であるとされている。

 建築設計競技で選ばれた設計者の妹島和世と西沢立衛(SANAA)は、開館後に実際に展示を行う学芸員より、世界中の美術館の展示室をモデルに正方形や長方形、円形などさまざまなタイプの理想的な展示室の提案を受けた。

それらの展示室を集落のようにおのおの独立させて配置し、天井と円形のガラスの外壁とで覆っている。

外壁同様各所にガラスが多用されているため、館内の見通しが非常に利く。

中央の有料エリアからも建物外部の公園や道路を見ることが出来るため、開放的である。

無料エリアの1階と地下1階には市民ギャラリーがあり、市内の芸術団体や学校の展覧会、新聞社主催の展覧会などに貸し出されている。

また地下1階には劇場や来館者用駐車場、作品搬入口や収蔵庫など美術館の裏方となるスペースが広がっている。
設計者のSANAAは、この建物等によりヴェネツィア・ビエンナーレ第9回国際建築展の最高賞である金獅子賞を受賞している。

向かいには兼六園もあるので両方行かれる事をオススメします!

愛知 豊田市

「豊田市美術館」


建築は、土門拳記念館や葛西臨海水族園、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、ニューヨーク近代美術館新館で知られる谷口吉生による。

鉄とガラスのシンプルな形態のモダニズム建築で、展示や鑑賞や収蔵品の管理に対する配慮の行き届いた機能的な建築である。

また、展示室から別の展示室がわずかに見えたり、順路の途中の廊下から豊田市の眺望が開けるなど、意外性や面白さも併せ持っている。

建物は地形の傾斜にあわせて、1階部分も2階部分も地面に接している。

1階部分は芝生の広場に面したエントランスで、2階部分のレベルは広大な人工池に面し、アメリカ製の緑色の特殊鋼板や白いガラスを用いている美術館本体や髙橋節郎館など、回廊状に連なった四角い建築群が水面によく映えている。

池の対岸には彫刻の散歩道や茶室、復元された七州城の櫓がある。

ランドスケープデザインはピーター・ウォーカー (ランドスケープアーキテクト)。

茶室「童子苑」は、かつての美術館の敷地の一帯を指す「童子山」(どうじやま)という地名にちなむ。

また七州城の隅櫓は当時の石垣を生かして1977年に再建されたものである。

隅櫓に隣接する書院は「又日亭」(ゆうじつてい)といい、明治まで寺部城の城内にあった書院である。明治年間に千足町の竜寿院に移築され、その後解体される予定であったが、1977年、隅櫓再建とともに、豊田市によって現在地に移築された。

茶室では美術館営業日には観客に立礼席茶会を提供しているほか、茶室・隅櫓広間・又日亭とも市民の利用に開放されている。

建築がステキなので是非見て下さい!

まだまだ良い所は沢山ありますがまたの機会にご紹介させて頂きます!

では皆様今日も笑顔の一日になりますように^_^
  1. 2019/10/08(火) 23:15:57|
  2. 片桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瀬戸内国際芸術祭

どーも片桐大輔です!

皆様いつも大変お世話になっております!

昨年のBATONで選ばれたメンバーで行ってきました瀬戸内国際芸術祭!

3年に一回開催されるアートイベントです!

車を飛ばす事3時間!



※実際はこんなに長さはありません

高松港に到着!!

初日はフェリーを乗り継ぎ

犬島

ここには精錬所美術館があり

自然を生かした建築と三島由紀夫さんの世界観を表現したアートが心を揺らしてくれます!




内部のアートは撮影禁止なので皆様の目で見に行って下さい🙇‍

犬島の家プロジェクトは妹島和世さんが建築を手がけています!







お見せしたい物が多すぎてキリがないので次は直島にいきます!!

直島にはフェリーに車ごと乗車して行ってきました!


草間彌生さんの南瓜


南瓜


南瓜、、、


南瓜、、、

産まれました、、、

直島には

地中美術館

ベネッセハウス

家プロジェクト

見るものが多すぎて丸一日使ってしまいました、、、


安藤忠雄さんとジェームズタレルの作品

南寺

早く行き過ぎて一番乗りでした

建築も最高ですがタレルの作品

痺れます、、、




色々ありすぎてご紹介しきれません、、、

今年夏と秋の後2期開催されますので

是非お時間を見つけてあなたの目で見て感じて下さい!!

では皆様今日も笑顔の1日を^_^
  1. 2019/06/12(水) 01:18:46|
  2. 片桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイっ

チーズ!!


えっ!?

古い、、、

いまだにハイっ!チーズ!って言ってしまいます

どーも片桐大輔です!

皆様いつもお世話になっております🙇‍

今回は熱い美容師達と撮影

勉強会やコンテストなどで知り合う美容師の仲間は熱い人がほとんどです

むしろ暑苦しいくらい皆熱いです

そこで知り合った仲間と撮影会をしました

カメラマンさんは京都から

モデルさんは岐阜から

そして僕は滋賀県彦根市日夏町から

朝早くからだったのですが今回は彼もアシスタントで来てくれました

注:もちろん車で

撮影までは準備にかかる時間

考える時間

仕込みの時間

すべての時間がプライスレスです

クリエーションは楽しむものだと思っているので全力で楽しむ事に決めています

大変な中にある楽しみを彼が知ってくれると嬉しく思います


注:画像はイメージです

今回の撮影はカラフルな針金と合わせたヘアーを表現したかったので

カラーミューズカラーリング



エクステは人毛でしかもシールになっているのでモデルさんに即対応可能です

ウィッグを用いて作る場合や

地毛を生かして作る場合

それによって仕込みや現場の判断が変わってきます

今回は地毛にプラスする形で作ったのですが

その場のライブ感がかなり楽しかったです

毎回新しい事が出来るよう積み重ねていきたいと思います

仕上がりの写真はまだ載せられないので

後日改めてアップします!

撮影も自信をもって出来ると言えるまで

まだまだ精進します

まずは1年後今の作品を見て自分にダメ出しできるよう

毎回成長していきたいと思います

そしていつか一番とります^_^


では皆様今日も笑顔の一日をお過ごしください♫
  1. 2019/03/13(水) 22:31:51|
  2. 片桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

受け継ぐということ

どーも片桐 大輔です

皆様いつも大変お世話になっております

いつもはふざけている僕ですが

今回はマジメに

ふざけようと思います。

冗談はさておき

先日BATONというヘアーショーに出演させて頂きました

滋賀の選抜10名に選ばれ

その10名がステージでカットバトルをするという、、、

師匠が選ばれたD7という凄すぎる人達

その人達からデザイナーとしてのBATONを勝ち抜いた3人が受け継ぐというもの

このBATON

LIVESが受け継がない訳にはいかないですよね

凄まじいプレッシャーの中準備が始まりました

前日からモデルさんと会場まで前乗りし夜中にカラー

がしかし、、、

朝日で見てみると

まぁなんという事でしょう

イメージと若干の違いがあるではないですか

朝から時間ギリギリまでカラー

妥協は許されません

ほぼ初めて出会うのにヘアースタイルも全てお任せしますと、、、

色々無理を聞いてくれたモデルさんには本当に感謝です!!

メイクはマッキーとの久々同期コンビ

懐かしさと安心感でいい時間を過ごせました

そしていよいよ本番

会場には600人もの人達が!!

まずは1分間のプレゼン


テーマ

80'sネオストリート

この人数の前でマイク持つとやっぱり気持ちいいですね

それからすぐに20分間のカットバトル


師匠に見てもらうつもりで切りました

本当に楽しかった


そして同じ10人の選抜の中に

LIVESウエダユーキ

同じステージに立つ後輩

余計にプレッシャーかかります、、、

でも僕には全力で突っ走ってくる後輩がいた方が焦って良いみたいです‼︎笑

頑張り続ける焦らせてくれるスタッフにも感謝です

とにかく今回はやりきった

僕にできる事は全て出し切った

後は結果を待つだけ、、、

フィナーレで結果発表!!

まずは一人目

「エントリーナンバー9番」

うーん僕も9番、、、

「LIVES片桐大輔」

うーんあの人ね、、、

僕ですやん!!

ウエダは4位だったみたいで←せまってきてます、、、

いやまだまだ負けませんよ

色々ありましたが

師匠にお店を任されて10年くらい結果が出ずに悩み続けました

諦めずに続けてきて本当に良かった

努力は裏切らない

そう心から思える日になりました

僕の人生に関わってくれる全ての人達に感謝です

師匠の教えを証明できた気がします

まだまだこれからですが全力で頑張りますので応援の程宜しくお願い致します🙇‍

では皆様今日も笑顔の一日をお過ごしください♫
  1. 2018/12/05(水) 10:18:28|
  2. 片桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いざ行かん

どーも片桐 大輔です

いつもありがとうございます🙇‍

LIVESの夏といえば5連休!!

今回は一人旅



いってきました!!

新潟県!!

一瞬でもNYと思ったそこのアナタ!!

ごめんなさいm(_ _)m

新潟県の越後妻有で3年に一度開催される

「大地の芸術祭」

世界中のアーティストの作品が至る所に、、、

山間の里が全て美術館になった感じです!

車を走らせる事約6時間

ついに到着



間違えました!こっちです!



まずは車を停めて暗いトンネルの中を歩く事15分

「ライトケーブ」

マ・ヤンソン  中国



手前にある水面にトンネルの向こうに見える渓谷が見事に写り込んでいます!!

自然って素敵ですね^_^

そこから車で走る事30分

「花咲ける妻有」

草間 彌生 日本



田舎の駅前に何気なく咲いているオブジェ!

思っていたより大きかった、、、

更に車で30分

「ワープクラウド」

ダミアン オルテガ  メキシコ



複雑な線とリズムで織り込まれたカーテンの様な作品!!

「すべての失われた窓のために」

内海 昭子  日本



更に車で30分、、、

ハシリスギ、、、

ですがBUT

しかし!!

心は折れてません!!

Togetherしようぜ!!

これがルー大柴だと分かったそこのアナタ!!

僕と同世代以上でしょう!!

「光の館」

ジェームズ タレル  アメリカ



タレルの作品は大好きで色々見に行ってます♫

屋根が開くように設計されていてそこから見える切り取られた空も作品です!!



まだまだ色々まわってきましたが今回はこの辺で!!

興味がある方は3年後の開催の際には是非足を運んでみて下さい!!

帰りに富山美術館に寄り道!!

お寿司屋さんで隣にいた地元のマダムにオススメの時間帯を教えて頂き

早い時間に美術館に



まぁなんということでしょう

混み合うと聞いていた美術館に

人が

まだ誰もいないではないですか

ありがとうマダム

足早に入り口に向かうとそこには







休館日


では皆様今日も笑顔の1日になりますように!!!!
  1. 2018/09/27(木) 11:42:27|
  2. 片桐
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

hair salon LIVES

Author:hair salon LIVES
→LIVES オフィシャルホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (199)
マネージャー (3)
浜田 (0)
片桐 (51)
西澤 (40)
鈴木 (49)
上田 (55)
LIVES (3)
西山 (29)
安澤 (18)
小島 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード